Purilトップ みんなの脱毛コラム 脱毛QA 永久脱毛の痛みをなくす方法は?

永久脱毛の痛みを軽減するとっておきの方法とは!?

永久脱毛は痛いというイメージ、ありますよね。

実際痛みに耐えかねて光脱毛に乗り換えてしまう人も少なくありません。せっかく脱毛効果の高い永久脱毛をできるだけストレスフリーに受けたいというのが本音でしょう。

そんな永久脱毛ですが、最大のネックである痛みは工夫次第で和らげることが可能なのです!

今脱毛に通っている人もこれから通う人も、今回ご紹介する5つの方法を実践して、永久脱毛を快適に受けましょう。

永久脱毛は痛みが強い?効果と痛みは比例する

永久脱毛は痛みが強い?効果と痛みは比例する

光脱毛に比べて脱毛完了までの期間が短く、施術1回あたりの効果も高い永久脱毛。脱毛効果やコスパなどでは多くの魅力がありますが、痛みが強いという噂を聞いて尻込みしているという人も少なくないでしょう。

やはり、医療レーザー脱毛やニードル脱毛のような永久脱毛は毛根を破壊するほどの強い熱・電気を与えるため、光脱毛よりはどうしても痛みが強くなってしまいます。脱毛効果が高いということは出力が強いこととほぼ比例しますから、効果があるほど痛みは強い傾向にあるのです。

毛が濃いor皮膚が薄い部位は特に痛い!

一概に永久脱毛が痛いとはいえど、すべての部位で強い痛みを感じるというわけではありません。実際は、

  • ワキやVIOラインなど毛が太く密集している部位
  • 顔など皮膚が薄い部位

こういった部位ほど痛みが強い傾向にあります。

特に医療レーザー脱毛の場合は毛が太いほどレーザーが反応しやすくなりますから、ムダ毛が気になるような人気部位ほど痛くなってしまいます。ワキやVIOラインは脱毛をする人の数が他の部位よりも圧倒的に多いので、余計に「医療脱毛は痛い」という噂が広がってしまうのでしょう。

逆に、腕や足など皮膚が厚くて毛も太くない部位であれば、それほど大きな痛みも感じにくいものです。部位によってこのように痛みに差があることは、まず覚えておいてくださいね。

脱毛回数によっても痛みに差がある

毛の太さや量によって痛みの強さは変わってくることをご説明しましたが、同じ理由で脱毛回数ごとにも痛みに差がでてきます。

口コミなどを見ていても「1回目と2回目が特に痛かった」という声が多いように、脱毛が進むにつれて痛みは少なくなっていく傾向にあるのです。

毛は毛周期ごとに生え変わっているので、1回の施術では全体の毛の一部のみにしか効果を発揮することができません。つまり、時期をずらして何度も照射することですべての毛に効果が現れてくるようになります。

脱毛の回数を重ねるにつれて、照射されずに残っている毛が少なくなり、残っている毛も細くなっていきます。そのような状態になると初期よりもレーザーの反応が弱くなり、痛みが緩和されるのです。

脱毛時の痛みは緩和できる?痛み対策5選

痛み対策5選

永久脱毛は痛みさえ取り除くことができれば、メリットがかなり多い脱毛方法ですよね。それゆえ、痛みを我慢してでも永久脱毛を受けるという人もいらっしゃるでしょう。

「できるだけ永久脱毛の痛みを減らしたい」「今の脱毛の痛みをどうにかしたい」そう考えるあなたに朗報です!実は永久脱毛の痛みは、ある程度緩和することが可能なんです。

脱毛の施術の際にクリニック側で行ってくれるような対策から、今日から自分でできる簡単な対策までありますので、痛みが気になる人はぜひ実践してみてくださいね。

1. 脱毛のタイミングも痛みに関係する

特に女性の場合に多く当てはまるのが、脱毛のタイミングによる痛みの度合いの変化です。生理を中心に女性の体は非常にデリケートであり、生理の一週間前あたりの時期や体調がすぐれない時期などは特に痛みを感じやすかったり肌トラブルを引き起こしてしまったりすることが多いのです。

逆に言えば、

  • 生理から1週間後あたり
  • 心身ともに健康な状態

にある時期であれば、最も痛みを感じにくいと言えます。ホルモンバランスが安定していることが大切なので、不要な痛みを避けるためにも、こういった時期を意識すると良いでしょう。

仕事や学業などでなかなか難しいこともあるかもしれませんが、予約を取りやすいクリニックを選ぶと融通も利くのでおすすめですよ。

2. 日頃のケアで肌状態を良好に保っておく

脱毛の効果や痛みは肌の水分量とも関係してくるのをご存知ですか?過度に乾燥している場合、脱毛の施術を断られてしまうこともあるほど重要なのです。

肌の水分量が少なければレーザーの浸透が悪く、免疫力の低下によって痛みや炎症が起きやすくなってしまいます。

そんな大事な水分量。生理周期や体調によっても水分量は異なりますが、日頃の保湿ケアを行うことで常に良好な状態を保つことが可能です。

施術直後はアフターケアとしてクリニック側で保湿をしてくれたり自分で肌ケアをしたりすることもあるかもしれませんが、一時的なケアだけではもったいないですよね。

脱毛期間中だけでも保湿ケアを徹底して、水分をたっぷり含んだ状態の肌に整えておきましょう。良好な肌状態が痛みの緩和へとつながるかもしれません。

3. 冷却をしてもらうことで痛みをカモフラージュ

通常、どの脱毛マシンにも冷却システムが搭載されています。医療レーザー脱毛では100度近い高熱が肌に当たるので、瞬時に冷却をすることが必須なのです。

このマシンに搭載されている冷却システムのおかげで痛みはある程度抑えられているのですが、それに追加して保冷剤などでしっかり冷やしてから脱毛するという方法もあります

家庭用脱毛器を持っていらっしゃる方はこういった方法を用いて照射を行っていますよね。

事前に保冷剤などで冷却することで、熱による肌の炎症を最小限に止められるだけでなく、感覚が麻痺して痛みを感じにくくなるというメリットもあります。

クリニックによっては手動で冷却を行ってくれるところもあるので、気になる人は相談してみましょう。ただ、急激に冷やすことになるのでお腹をこわしたり風邪をひいたり…なんてこともあり得ます。くれぐれもそうならないよう、体調などと相談しながら行ってくださいね。

4. コミュニケーションだけでも痛みは和らぐ

今回ご紹介する中でも最も簡単な方法がこちら、コミュニケーションによる痛みの緩和です。一見何を指しているのかわからないかもしれませんが、これに関してはほとんどのクリニックがすでに施術中に行ってくれているものになります。

具体的には施術中に励ましの言葉や痛みへの共感、進捗の細かい報告などがこれに当てはまります。照射部位をさすりながら脱毛してくれる場合もありますね。

実際「スタッフの励ましのおかげで耐えられた」「痛いところは声をかけながらゆっくりしてくれたので痛みが少なかった」という声も多く、コミュニケーションによって少なからず痛みが和らいでいることがうかがえますね。

クリニックやスタッフさんごとに細かい対応が変わるでしょうから、あなたが一番楽に施術を受けられるような対応をリクエストしてみても良いでしょう。

 我慢できない場合は出力を下げてもらうのもアリ

こういった対策を行っていても、やはりどうしても痛みを我慢できないという場合がでてくるでしょう。その場合は、マシンの出力を下げてもらうようにお願いするのもひとつの手です。

スタッフさんとコミュニケーションをとりながら施術を進めることができれば、どのくらいの痛みなら耐えられるのか、どの部位で特に痛みを感じやすいのかなど、細かい要望も理解してもらえますよ。

ただ、出力を下げるとその分脱毛効果は少し落ちてしまいます。より効率よく脱毛を進めるためにはできるだけ高い出力で脱毛することが望ましいので、無理は禁物ですが他の方法で痛みを緩和しつつ対処していくのがおすすめです。

5. 最もメジャーなのはやっぱり「麻酔」

クリニックで永久脱毛を行うのであれば、真っ先に候補に上がるのが医療麻酔です。脱毛サロンのように医療従事者がいないところであればこの麻酔を利用することはできませんが、クリニックであればOK!多くの人がこの麻酔を使って脱毛の痛みを和らげています。

一度も麻酔を受けたことがない人は、「麻酔」という言葉を聞くと少し不安になってしまうかもしれません。しかし、脱毛の際に使用する麻酔は局所的なものであり、意識はしっかりしていますので安心してくださいね。

基本的にこの麻酔は有料であることが多いです。オプションとして選択できるようになっており、3,000円前後が相場ですね。痛みが強い最初の2回程度だけでも利用してみてはいかがでしょうか。

笑気麻酔と麻酔クリームの2種類がある

永久脱毛を受ける際に選択できる麻酔はクリニックごとに異なりますが、一般的には笑気麻酔という方法と麻酔クリームの2種類があります。

麻酔の種類 部位 使い方
笑気麻酔 全身 鼻からガスを吸う
麻酔クリーム 一部 脱毛部位に塗る

笑気麻酔は一度使用すると全身の感覚が麻痺してきます。お酒を飲んでぼーっとした感覚に似ているとも言われますね。歯科でも使われるような方法で、鼻でガスを吸うと1~2分程度で効いてきます。

一方、麻酔クリームは名の通りクリームなので、脱毛部位に塗って局所的に感覚を麻痺させます。こちらは塗り始めてから30分程度で効いてきます。麻酔クリームの場合は自分で塗らなければならないクリニックも多く、塗りムラなどで痛みに差が出てくる可能性があるので注意してくださいね。

市販の鎮痛剤はNG?施術を断られることも

鎮痛剤はNG

痛みを和らげる=鎮痛剤を服用すれば良いのでは?と考えてしまうかもしれませんが、それはNGです!

脱毛を受ける際は、鎮痛剤だけでなく薬全般を相談なしに使用することは禁止されています。施術で強い光を当てるため、薬を服用していると思わぬ副作用が出てしまう可能性があり危険だからです。

また、鎮痛剤を飲んでいても自分の体を叩いたりつねったりしたら痛みを感じますよね?

鎮痛剤は腹痛や頭痛など体内の様々な反応によって起こる痛みを軽減できるのであって、外部刺激である脱毛時の痛みを和らげる効果はありません。

無断で鎮痛剤を服用すると施術を断られることもあります。別の理由で鎮痛剤等を服用しなければならない場合も含め、事前にスタッフさんに相談しておきましょう。

痛くない永久脱毛もある?使用するマシンは要チェック

ここまで、どのクリニックでも適用できる対処法をご紹介してきました。今すでに脱毛に通っているという人は、上記の方法をぜひ参考にしてみてください。

一方、まだどのクリニックにするのか決めていない、そもそも永久脱毛にすること自体迷っている、という人には他の選択肢もあります!

最近は技術が進歩し、痛みが少ない永久脱毛も登場し始めました。痛みを懸念して永久脱毛を敬遠していた人も、クリニックの選び方ひとつで解決できる可能性があるのです。

脱毛マシンの種類によって痛みが異なる

クリニックのレーザー脱毛で使用される脱毛マシンは1種類ではなく、クリニックごとに違う機械を導入していたり、複数の機械を使い分けていたりするのです。

そんな脱毛マシンですが、実は種類ごとに痛みが異なるのです。

脱毛マシン名 痛み 脱毛効果
ソプラノアイスプラチナム 弱め やや低い
メディオスター 弱め やや低い
ライトシェアデュエット 少し痛い 普通
ジェントルレーズ 痛い 高い

表の上部にいくに従って痛みが弱く、その分脱毛効果もやや低くなる傾向にありますね。やはりここでも脱毛効果と痛みは比例しますが、どうしても痛dのない永久脱毛を受けたいという人は、この後ご紹介するように、ソプラノアイスプラチナムやメディオスターを導入しているクリニックを探してみると良いでしょう。

最新!蓄熱式の脱毛マシンなら痛くない

ソプラノアイスプラチナムとメディオスターは「蓄熱式」と呼ばれる方法を用いており、低温でじわじわと効果を発揮するような脱毛になります。

従来の永久脱毛は、毛の黒い色素に反応させて毛根を熱で破壊する方法を用いていました。毛根を破壊するためには高い出力が必要であり、それに伴って強い痛みが発生していたのです。

しかし、この蓄熱式の脱毛方法は毛根ではなく毛包やバルジという別の部位がターゲットであり、低い温度でも十分ダメージを与えることが可能となりました。つまり、痛みが少なく、じわーっと温かさを感じるのみの施術となったのです。

部位によっては多少痛みはありますが、永久脱毛で一番のデメリットとも言える痛みを緩和できたのは大きな進展ですよね。

蓄熱式の永久脱毛が受けられるクリニック

では、蓄熱式の脱毛はどのクリニックに行けば受けられるのでしょうか。

最新式の脱毛方法だけに、まだまだ導入されているクリニックは少ないのが現状です。また、それゆえに少し料金が高かったり実績が少なかったりするのはネック。

しかし、蓄熱式の脱毛は産毛などの色素が薄い毛に対しても高い効果を発揮し、通常であれば照射できない日焼け肌やシミ、ニキビでも問題なく脱毛可能です。

そんな蓄熱式の脱毛を受けられるクリニックを見てみましょう。

脱毛マシン 導入しているクリニック
ソプラノアイスプラチナム レジーナクリニック聖心美容クリニック
メディオスター GLOWクリニック、ブランクリニック、KM新宿クリニックリゼクリニック、ISクリニック

痛くない永久脱毛を受けたいという人は、これらのクリニックをぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ:簡単な対策で痛みから解放されよう

永久脱毛の痛みは

  • 脱毛のタイミングに気を遣う
  • 日頃から肌ケアを怠らない
  • しっかり冷却してもらう
  • 声かけやコミュニケーションをしてもらう
  • 麻酔を利用する

といったことで緩和できることがわかりましたね。

また脱毛マシンによっても痛みの度合いは変わり、最新式のものであるとかなり痛みが少なくなっています

こういったマシンを導入しているクリニックの中には無料でテスト照射を受けられるようなところもあります。どのような痛みなのか不安であれば、一度いろいろなマシンのテスト照射で痛みを確認してみるのもおすすめですよ。

ぜひ今回ご紹介した5つの痛み対策を実践して、ストレスなく脱毛を受けていきましょう。

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • Puril特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報